営業拠点としてのコワーキングスペース

大阪進出のための営業拠点としてコワーキングスペースUmidassを活用している会社が数社あります。営業拠点を増やすために、オフィスを借りるとなると大変なコストがかかりますが、コワーキングスペースを活用することで比較的容易に拠点を増やすことができます。この方法は、大阪に限ったことではなくむしろ地方進出時に有効活用できるコワーキングスペースの活用方法だと思います。

コワーキングスペースを営業拠点として活用することでリスクを最小限に拡大ができる

Umidassは、大阪の豊中市という郊外にありますので、一見、営業拠点として不向きかと思われるのですが、Umidass開業依頼、数社の方に大阪進出の拠点として利用していただいています。

コワーキングスペースを営業拠点として利用している会社の利用方法・特長

Umidassを営業拠点として利用している会社の利用方法で多いのは、月額利用するという形ではなく営業会議の場として利用される形が多いです。

定期的に営業会議をする場所として会議室を利用され、会議後に事務作業のある人はドロップイン利用をして事務作業をしていくという形です。また、必要であればお客さまを連れてきて商談をされる場合もあります。

こういった利用方法をされている会社の特長は・・・

  • 大阪に来ているスタッフは営業マンだけで、その仕事時間のほとんどが外での営業活動
  • 大阪で営業展開をしたいが、まだマーケティングテストのような段階で本格進出するか決めかねている
  • (Umidassの月額利用や住所利用する場合は)大阪に拠点が存在しているということが対外的に重要

営業拠点を増やす場合にオフィスを借りて支社を作るよりはるかにローコストでスピーディに展開できる

営業拠点を増やしたいシチュエーションにおいて、テナントオフィスを借りて支社を作るとなると大きなコストが発生します。家賃や設備という固定費、光熱費という目に見える費用だけでなく、オフィスの掃除などといった雑用も発生します。

ですが、必要な時に必要なだけ利用できるコワーキングスペースであれば、ローコストですぐに開始することができます。また、うまくいかなかった場合の撤退についても簡単にすることができます。

事業内容や営業手法、顧客先によってどこにあるコワーキングスペースを活用するのかは変わってくるがUmidassの場合には・・・

Umidassは大阪の豊中市という郊外にありますので、いわゆるオフィス街からは離れています。オフィス街に営業ターゲットが多数あるのであれば、梅田や本町にあるコワーキングスペースを活用した方が良いと思いますが、Umidassを選べれる理由としては

  • 駐車場があるので車移動の営業マンが多い
  • 大阪空港と新大阪(新幹線)が近いことにメリットがある
  • 貸会議室機能とレンタルオフィス機能(デスクスペースを使える)があり、複数人での会議、商談、個人でのデスクワークと使い分けることができる

といったことがあげることができます。

この方法は大阪進出に限ったわけではなく、東京や地方進出時に使える

Umidassが大阪にあるので大阪進出というタイトルにしていますが、コワーキングスペースを活用して拠点拡大というのはローコストでチャレンジしやすい方法です。同じシチュエーションで使える他のサービスと比べてメリットが大きいです。

  • レンタルオフィスの場合は、月額利用する必要があり、また複数人での会議をするスペースは無かったり、別料金になる
  • 貸会議室の場合、会議をするにはもちろん最適だが個人がデスクワークをするには割高になってしまう
  • カフェやファミレスではプロジェクターなどが使えなかったり、長時間の利用はしにくい

拠点追加にあたってコワーキングスペースを使ってみたいけど、大阪の豊中では活用しにくいという方は全国のコワーキングスペースを探せる【コワーキングジャパン】を活用してみてください。