※現在、住所利用サービスは基本的に提供はしておりません。

豊中でバーチャルオフィスをお探しならコワーキングスペースUmidassを検討してみてください

豊中のコワーキングスペースUmidassでは、事業等でUmidassの住所(豊中市柴原町)を利用できる住所利用サービスやUmidassを法人の登記場所として利用できる登記利用サービスを提供しています。Umidassをバーチャルオフィスとして利用できないかとお問合せをよくいただきます。

コワーキングスペースのUmidassはバーチャルオフィスとしても利用可能です

Umidassは、バーチャルオフィスとしてのサービス提供もしています。事業運営上、ホームページや名刺に住所の記載が必要であったり、法人登記場所として豊中市の住所を必要な場合にUmidassの住所を利用できるようになるのが「住所利用サービス」「登記利用サービス」です。

Umidassのサービスは基本的には月額利用とのセットになります

バーチャルオフィスは、「住所利用サービス」「登記利用サービス」のみを提供するサービスですが、Umidassの場合には、月額利用料とのセットになります。

住所利用の場合には、デイタイム(月額6,800円)以上のプラン+住所利用サービス:5,000円の月額:11,800円~14,800円

登記利用の場合には、フルタイム:9,800円+登記利用サービス:10,000円の月額:19,800円

月額利用料なしのバーチャルオフィスとしての利用はできません。

現在、Umidassでは、登記利用、住所利用のみを利用するバーチャルオフィスとしての利用はできません。

利用についてご相談がある方はお気軽にご相談ください。

そもそもバーチャルオフィスとはどういうものか?レンタルオフィスやコワーキングスペースとの違いは?

バーチャルオフィスと似たサービスとしてレンタルオフィスやコワーキングスペースがあります。事業経営をしていて頻繁に利用するものではないので、その違いについて詳しく知っている方は少ないです。参考までに簡単にその違いをまとめると・・・

オフィスの持つ機能の一部を提供するのがバーチャルオフィスやレンタルオフィス、コワーキングスペース

オフィスは、経営者や従業員が仕事をする場ですが、そのほかにも信用や郵便物等の届け先となる「住所」、来客などをする「会議室」、会社のイメージ、印象となる「外装・内装等のデザイン」と言った機能があります。バーチャルオフィスやレンタルオフィス、コワーキングスペースはそのうちの一部の機能を提供するサービスです。

レンタルオフィスは、オフィスのほとんどの機能が提供されるが、テナントオフィスに比べると利用に制限がある

レンタルオフィスはレンタカーをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。レンタカーは車としての機能はすべて提供されます。ですが、自分の好きなようにカスタマイズなどはできません。レンタルオフィスも同じです。大きなオフィスの一部を借りる形になりますので、オフィスとしての機能はすべて提供されています。ですが、自社独自の外装や内装などをすることはできません。

コワーキングスペースはオフィス機能だけを見た場合には、共用オフィス(シェアオフィス)

コワーキングスペースにはコミュニティなどオフィスには無い機能もあるのですが、オフィス機能に限って考えると仕切りの無いレンタルオフィスと考えてもらうと良いかもしれません。テナントオフィスはもちろんのことレンタルオフィスも壁やパーティションなどで完全に空間が仕切られています。コワーキングスペースの場合にはオープンスペースのフリーアドレスのデスクが提供されるケースが多いです。

なお、シェアオフィス、コワーキングスペースともに運営方針によって形はさまざまですのでご注意ください。

バーチャルオフィスは「住所」機能だけを使えるサービス

そして、バーチャルオフィスというのはオフィス機能の中でも「住所」機能だけを使えるサービスとなります。法人登記をする場合には、もちろん住所が必要になりますし、個人事業であっても事業内容によってはホームページ等で住所の公開が必要なケースがあります。通販やネットショップなどの場合には、「特定商取引法」という法律の表示義務になっています。

※電話番号などを提供してくれる業者もあります。Umidassは、独自でのサービスとして電話番号提供サービスはしておりませんが、提携業者がいますので、紹介可能です。

時間外のお問い合わせはお問合せフォームから06-6849-8511電話問い合わせは13:00~18:00[ 日・祝日除く ]

お問い合わせ 時間外のお問い合わせは公式LINEもしくはお問合せフォームからお願いします。