ネットショップを運営する人のイメージネットショップを運営し始めて、困るのが住所などです。ネットショップを運営するには、特定商取引法に基づく表記として、運営責任者、住所、電話番号などを明記する必要があります。

自宅でネットショップを開業した場合には、自宅の住所を掲載することとなりますが、自宅の住所公開には抵抗のあるケースも少なくありません。副業のため、会社にバレるリスクがあったり、女性の場合、ショップ上で自分の写真などを掲載していると住所バレにも抵抗がでます。

そういった場合、コワーキングスペースUmidassでは、住所利用オプションを提供していますので、Umidassの住所を使って営業できます。電話については、Umidassでは、用意していませんが、安く利用できる電話代行会社を紹介することができます。

また、Umidassでは、ネットショップに関するサポートや、撮影ブースがありますので、その点からもメリットがあります。

1点、難点となる可能性としては、決済方法によっては特定商取引法に基づく表記に記載されている住所の住民票や、登記書類が必要なケースがあります。その場合には、Umidassの住所で登記がされていないと利用ができないことになります。登記利用についてもオプションがありますので、必要であれば、ご相談ください。