本日は、自炊(本の電子化)をUmidassでされていました。

先日に大型裁断機の紹介をさせていただきましたが、そちらの記事を見られた方が、裁断機と複合機を使って自炊(本の電子化)をされていました。

本の電子化をするには、裁断機とスキャナがいるのですが、どちらも購入するとなるとそれなりの金額となり、個人だと一度使うともう必要がなるという機器です。

どうするかというと。

裁断機で本の背表紙を裁断

まずは、裁断機で本の背表紙を裁断して、本をばらばらにします。もう二度と本の姿には戻りませんので、ご注意ください。

裁断機で本をばらばらに

裁断機で本をばらばらに

スキャンしてデータ化

裁断機でばらばらにした本を複合機を使って、両面スキャンをしていきます。

スキャンされたデータはパソコンに保存されますので、それをUSBなり、DVDにて保存して持ち帰ってください。

複合機で読み取り

複合機で読み取り

本の電子化で(自炊)すると本棚がすっきりしますよ

自炊して、本を電子化すると本棚がすっきりしますよ。また、電子化された本は、パソコンやタブレット、スマホに保存できるので、リファレンスや辞書など持ち運ぶには重いけど、出先で欲しいという本に最適です。

でも、個人的には楽しむ本、好きな本は本の形がいいなと思っています。自宅の本棚に置けないけど、捨てるには・・・という本は、Umidassの本棚に置いていってください。(本があふれたら仕方なく処分する可能性は0ではないですが、すぐに捨てたりしません。)

ちなみに、ScanSnapも置いています。設定のサポートなどはできません&少しローラーが滑りがちですが、利用希望の方はお声がけください。

料金はUmidass利用料のみで構いません。

Umidassで本の自炊するのは、Umidass利用料(1時間200円)のみで構いません。

※データサイズが大きい場合には、ノートパソコンへの保存となります。UmidassのレンタルPCは設定済みですので、すぐにご利用いただけますが、1時間500円となります。(ノートPCからUSBメモリやSDカードへの保存ができます。)また、自分のノートPCへの保存の場合には、設定はご自身でお願いしております。

<利用上の注意点>

・Umidassは自炊カフェのように専門業者ではありませんので、自炊後のデータ編集などの設備は用意していません。
・本のスキャンは1冊あたり数分~10分くらいかかります。複合機をプリント、コピーで使いたいお客様がおられる場合には譲ってください。
・紙が薄い雑誌などの場合、読み取り時に紙詰まりをして、紙が破れたり、きちんと読み込めない場合がありますが、自己責任でお願いします。
・自炊後の本の処分はしておりませんので、お持ち帰りください。