前回のネットショップのタイプというコラムでネットショップのタイプによる出店場所の違いを説明してきました。ですが、、、結論としては、カラーミーショップなどのネットショップ作成サービスを利用した独自店舗をお勧めします。

なぜ、ネットショップ作成サービスを利用した独自店舗なのか?

金銭的リスクが圧倒的に低い

まず、最初にあげられるのが金銭的リスクが圧倒的に低いということです。楽天などのモールの場合には月に数万円の出店料が必要となり、かつ契約期間に縛りがあり1年間はやめることができないといったケースが多いです。

一方で、例えばカラーミーショップの場合には、スモールプランで月額1,332円、レギュラープランで月額3,240円です。年間契約をしてしまうと途中での返金はされませんが、それでも最大で3万円ほどのリスクで済みます。

無料サービスならもっとリスクが少ないのでは?

金銭的リスクについては無料サービスならもっとリスクが少ないのではないかという疑問をお持ちの方がおられると思います。無料サービスには落とし穴があります。詳細は別のコラムで取り上げさせていただきます。

すべての販売戦略が自由!

独自でネットショップを運営する場合にはすべての販売戦略は自由です。当然のように思うかもしれませんが、モールへの出店した場合、〇〇セールといった形でモール側がさまざまな販売戦略を用意してきます。基本的にモール側はそのセールなどにユーザーを誘導しますので、モール側の意向に従った販売戦略を立てざるを得なくなります。

価格比較がされにくい

モールの場合には、同じ商材を扱っているネットショップが当然います。どうしても価格比較されやすくなってしまいます。独自店舗であってもモールなどと価格比較はされますが、同一画面上で価格比較されるのと別サイトで価格比較されるのでは随分違うものです。

なぜ、カラーミーショップをススめるのか?

私はネットショップ作成サービスを利用した独自店舗をする場合にはカラーミーショップの利用を勧めています。その理由はただ1つ+αです。

カラーミーショップは、導入店舗数No.1のサービスだから。

これだけの理由です。機能とか費用とかの差は?と思われるかもしれませんが、こういった主となるサービス選びには特別な理由がなければNo1サービスを選ぶことをお勧めします。なぜなら、利用が多いということは、「さまざまな情報が入る」「提携業者や依頼先(外注先)をたくさん選べる」「サービス停止などが発生しにくい」からです。

+αは私がカラーミーショップで複数店舗を運営しているから

そのほかの理由は私がカラーミーショップで複数店舗を運営しているからです。普段から使っていますので、さまざまな質問、疑問をいただいたときに回答しやすいからです。

カラーミーショップでちゃんと売れるのか?

ネットショップの売上カラーミーショップを勧めるのはわかったけど、本当に売れるんですか?と聞かれますので、私のネットショップの売上集計結果の一部を公開します。私は、複数のネットショップを運営していますが、その売上の一部です。こちらの売上集計表はカラーミーショップの画面をキャプチャしたものです。

このくらいの売上であれば、運営に支障をきたすことは一切ありませんでした。

独自店舗から始めることでモールとの契約が有利になるケースも

少し余談ですが、カラーミーショップなどの独自店舗から始めることでモールとの契約が有利になることがあります。ネットショップを運営していると楽天、Yahoo!、DeNA、Amazonなどから営業があります。その際に、普通に契約をするよりも有利な条件での契約をすることができるケースもあります。

すでにネットショップを運営しているからこそ、交渉材料もでき、有利に話を進めることができるわけです。


 

Umidassでは、ネットショップ開業、運営コンサルティングをしていますので、お気軽にご相談ください。

WEB・ホームページ・IT事業相談室


投稿者プロフィール

Umidass代表
Umidass代表
コワーキングスペースUmidassの代表です。
大学を卒業後、システム会社、マーケティングリサーチ会社など数社の転職を経て、京都のWebコンサルティング会社に10年勤務。大規模ECサイトの開発に携わってきた。会社を退職後、個人でネットショップの運営などを経て、株式会社エッグレイ、コワーキングスペースUmidassを設立。コワーキングスペースUmidassのある安楽寺の副住職でもあります。