ネットショップと一口に言ってもいくつかのタイプがあります。大きく分けて4つの種類があります。それぞれのメリット・デメリットを捉えてどのタイプを選択するかを検討しましょう。

ネットショップの4つのタイプ

1.ネットショップ作成サービスを利用した独自店舗(独自ドメイン可)

2.楽天、Yahoo、DeNAなどモールでの運営

3.ヤフオク、Amazonなどでの商品販売

4.WordPressなどを使ったホームページ・Blogタイプ

ネットショップのタイプ別のメリット・デメリット

上記にあげた4つのタイプにはメリット・デメリットがあります。どれがベストというわけではありません。

小規模で個人で開業していくということであれば、オーソドックスには「3,ヤフオク、Amazonなどでの商品販売」をしてみて、売れるようであれば「1.ネットショップ作成サービスを利用した独自店舗」に移行し、「4.WordPressなどを使ったホームページ・Blogタイプ」で補完していくという形がいいと思います。

「2.楽天、Yahoo、DeNAなどモールでの運営」を選択されるケースが多いですが、まず、モールへの出店は、費用が高くつき、出店後にも広告が必要となります。また、契約期間にも縛りがあり、すぐにはやめることができません。(Yahoo!は出店料は無料ですが、広告を出稿しないと売れません。)

種類 メリット デメリット
1.ネットショップ作成サービスを利用した独自店舗 ・サイトを自由にカスタマイズできる
・固定のお店の顧客(ファン)を作りやすく、固定化しやすい(他店に移りにくい)
・顧客へのアプローチ(顧客管理)がしやすい
・出店料(サーバ代)が安い
・集客が難しい (広告費が必要)
・サイト構築などをすべて自分でしないといけない
・ショップサービスによってできることに制限がある
・信頼、信用性が低くなる
2.楽天、Yahoo、DeNAなどモールでの運営 ・ネットショップで商品を購入しようというお客様がすでにいる場に出店できる
・信頼を得やすい
・担当営業からのアドバイスをもらえる
・売れ行きに関係なく月額費用が発生し、売れた場合にも手数料が必要
・出店数が多いために、モール内の広告を出稿する必要がある
・価格競争や信用度などを他店と比較されやすい
3.ヤフオク、Amazonなどでの商品販売 ・圧倒的な集客力がある
・商品があるときだけ販売ができる
・商品説明のみを作成すればよい
・お店の顧客は作れない
・価格競争になりやすい
・一般受けしにくい商品、オリジナル商品は販売しにくい
・デザインなどを自由に変更できない
・顧客管理や販売管理などが運営サイトの仕組みに従わなければならない
4.WordPressなどを使ったホームページ・Blogタイプ ・すべてのことが運営者のコントロール下にある。
・記事作成による集客を作れる。
・サポートなどがなく、サイト構築、運営に関するすべてを運営者がしないといけない。
・決済などのショップとしての仕組みの導入が難しい
・信用を得にくい

4つのタイプを実店舗に置き替えてみると・・・

メリット・デメリットではすこしイメージがつきにくいかもしれませんので、もう少し身近な実店舗に置き替えてみると・・

1.ネットショップ作成サービスを利用した独自店舗(独自ドメイン可)

商店街やお店の多い国道沿いなどにお店を作るイメージです。ある程度のお客さまはこられますが、基本的にはそれぞれのお店での集客が必要となります。また、一度、常連のお客様となると固定して利用していただきやすいです。

実際の商店街とは違うのは、商店街自体がシャッターどおりのようにさびれて人がこないというようなリスクは少ないです。

2.楽天、Yahoo、DeNAなどモールでの運営

百貨店や大型ショッピングモールにお店を作るイメージです。百貨店や大型ショッピングモール自体に集客力があります。いろんなイベントやセールに合わせた動きや出費が必要となる点も似ています。

3.ヤフオク、Amazonなどでの商品販売

フリーマーケットなどに出店するイメージです。お客様が集まっているので、商品と価格が良ければ比較的売れやすいです。お店としてのファンはつきにくいという点でも似ています。

ただ、フリーマーケットには買うものを決めずに来場して、掘り出し物を見つけるということがあります。ネットオークションなどの出品数が大量なので偶然に発見されないと売れないものは難しいです。

4.WordPressなどを使ったホームページ・Blogタイプ

あまりお店が無いところに店舗を作るイメージです。商品力や価格などに強みがないとお客様を呼び込むのが難しいです。

実店舗の場合、そういったお店でも名物オーナーとしてオーナーが有名になり、繁盛してるお店があります。どうように記事作成で人気が出てお客様に来てもらうという手法を取ることができます。少し難易度高めです。

次回のコラムでは、どこで出店すべきかということをもう少し突っ込んで書いていきます。

Umidassでは、ネットショップ開業、運営コンサルティングをしていますので、お気軽にご相談ください。

WEB・ホームページ・IT事業相談室

投稿者プロフィール

Umidass代表
Umidass代表
コワーキングスペースUmidassの代表です。
大学を卒業後、システム会社、マーケティングリサーチ会社など数社の転職を経て、京都のWebコンサルティング会社に10年勤務。大規模ECサイトの開発に携わってきた。会社を退職後、個人でネットショップの運営などを経て、株式会社エッグレイ、コワーキングスペースUmidassを設立。コワーキングスペースUmidassのある安楽寺の副住職でもあります。