Umidassには北摂の子育て応援マガジンMamatelier[ママトリエ]を置いています。

Mamatelier[ママトリエ]ってどんな内容なのか?北摂の子育てママを応援するフリーマガジンMamatelier[ママトリエ]はご存知ですか?
ママが本当に必要としている情報をママ目線で届けたいという想いで発行されているフリーマガジンです。Umidassは地域の子育て中のママを応援したいと考え、「豊中子育て応援団」などにも参加していますので、Mamatelier[ママトリエ]が置き場所を探しておられた際に手をあげさせていただきました。

Mamatelier[ママトリエ]ってどんな内容なのか?

いま、Umidassに置いているのは2016年6月号[Vol.14]です。今回の特集は、ママが子供連れていけるママのための居場所ママコミュニティの「プニカ」です。ママ目線で考えられたカフェや親子で参加できるスクールなどが紹介されています。

そのほかにも親子で参加できる地域のイベントや、親子で遊べるお店の紹介記事などがあります。うちの子は2人とも小学生になったのでどこでも行きやすくなりましたが、幼児のころはここは子供が騒いでも大丈夫だろうかと思ったものです。たまにしか子供の相手をしない父親でもそうなので、毎日、子供と一緒にいるママは日々、そんなことを思って過ごしている方も多くおられると思います。そういう方にとって、良い情報源となるフリーマガジンです。

UmidassにMamatelier[ママトリエ]を取りにだけ来てくれても問題ありませんよ

Mamatelier[ママトリエ]がどこに置いているのかはあまり把握できていないのですが、Umidassのある柴原近辺にはお店もあまりないので、置いているところは少ないと思います。UmidassにMamatelier[ママトリエ]だけ取りに来てもらっても問題ありません。入口に置いていますので、持って帰ってください。

ちなみにUmidassでは、こんなママが利用されています。

ちなみにUmidassを利用されるママもたくさんおられます。

和室スペースで誕生日会やクリスマスパーティ

Umidassは飲食持ち込みOKですので、和室スペースで誕生日会やクリスマスパーティをされる方も多くおられます。特に1Fスペースの場合には、音など周りに気兼ねなく使ってもらうことができます。

Umidassの1Fスペースはこちら>>

子連れ可能なワークショップ会場として

Umidassは子連れ利用OKのスペースです。子連れ可能なワークショップを開催いただいても構いません。少しだけですが、Umidassを利用してくれるママから寄贈してもらった絵本などもあります。また、歩いて1分のところに公園もあるので、子供の息抜きもさせることもできます。

Umidassには絵本もあります。

少し大きくなったら親子で仕事と勉強

子供が小学生くらいになったら、ママは仕事、お子さんは勉強をするという形で利用される方もおられます。自宅だとテレビやおもちゃに気が散って勉強をさせるのが難しい子もUmidassだと勉強するしかないので集中できるようです。

投稿者プロフィール

Umidass代表
Umidass代表
コワーキングスペースUmidassの代表です。
大学を卒業後、システム会社、マーケティングリサーチ会社など数社の転職を経て、京都のWebコンサルティング会社に10年勤務。大規模ECサイトの開発に携わってきた。会社を退職後、個人でネットショップの運営などを経て、株式会社エッグレイ、コワーキングスペースUmidassを設立。コワーキングスペースUmidassのある安楽寺の副住職でもあります。