自然に囲まれてのんびり田舎暮らしをしたい方が最近増えています。しかし、いざとなると移住先をどこにするかに始まり、地域に溶け込めるか等不安もあり、何をどうしてよいのかわからないという方が多いと思います。そんな方々を支援してくれるのが、Umidass会員企業である株式会社FPIです。雇用や移住相談など、ご自身のライフスタイルを考慮し、農業生産法人との調整や自治体と連携し住居探しのサポートも行っています。無料で参加できるインターンシップ制度もあります。
現在、大阪府豊中市雇用労働課および高知県土佐町役場産業振興課の支援協力を得て、「おむすビーズ」のインターンシップ事業を展開をされています。その一環としてこの度イベントを開催されます。

「町×農×林×漁 はたらき方くらし方を考える」2/28(日)13時~

豊中フェア株式会社FPI おむすビーズ主催で2月28日(日)13時~17時に豊中市千里文化センター(コラボ)にて「町×農×林×漁 はたらき方くらし方を考える」豊中フェアが開催されます。
こちらは豊中市委託 地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)事業「自治体連携による就労促進事業」です。

 

 

 

田舎暮らしってどんなもの?都会の暮らしとは一体どう違う?

テーマごとの3部構成で開催されます。都市から移住された方などのわかりやすい、リアルな半農半X(※)的生活や田舎暮らしのお話から、皆さんのライフスタイルや仕事についての発見の場になります。また、「地域くらし相談会」や美味しい野菜や加工品のブースもあります。田舎暮らしや地域の仕事に興味のある方、どなたでもご参加下さい。
※自ら米や野菜などの農作物を育てる(半農)と個性を活かした仕事(半X)を両立させたライフスタイル

プログラム

第1部
「農業と農の違いって?」
13:00~14:15
「ナリワイとしての農業」と、「農的くらし」の違いをそれぞれのライフスタイルで暮らす、地域の男性ゲスト2人を招いて、農との付き合い方をひも解きます。
第2部
「くらし、かんじる」14:25~15:50
 都市から地域へ移住した3人の女性。「くらし、かんじる日常」を自分や地域、仕事に寄り添って過ごすそれぞれの女性たち。「本当は、どうくらしたいのか?」のヒントを考える、トークディスカッション。
第3部
「地域くらし相談会」「地域の野菜と手づくりの味」
16:00~17:00
 高知県や他地域から、相談員が集結!実際に地域ではどんな仕事や暮らしがあるのか聞いてみよう。地域の美味しい野菜や加工品もブースに並びます。

「町×農×林×漁 はたらき方くらし方を考える」豊中フェア開催概要

日時 2月28日(日)13時~17時 出入り自由。13時よりトーク開始
会場 豊中市千里文化センター(コラボ)2階 多目的スペース
北大阪急行・大阪モノレール「千里中央」駅より徒歩5分(大阪府豊中市新千里東町1-2-2)
参加費 無料
定員 100名(お子様用コーナーもご用意しています)
お問い合わせ ご質問等、お電話またはメールでお問い合わせ下さい。
電 話:06-6939-3631
メール:farm@fpi-group.jp おむすビーズ豊中フェア担当宛
 主催 株式会社FPI おむすビーズ http://www.fpi-group.jp/omusubi-z/
 協力 豊中市くらし支援課
豊中市委託 地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)事業「自治体連携による就労促進事業」
チラシ 「町×農×林×漁 はたらき方くらし方を考える」豊中フェア